読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hhappinesss’s diary Lala~Lalala~♪

日々の出来事とか考え事とかグチとか嬉かったこととか

赤ちゃん

私のお腹に18週いてくれた赤ちゃん

 

今日、弱い陣痛から始まって4時間後に

するんと出てきてくれました。

 

今日、本当はラミナリアを使って更に子宮口を広げる処置をする予定だった

 

その痛い処置と

今日も一日中重い生理痛のような痛みを我慢しなければならないと沈んでいた矢先の陣痛だった

 

初日の2回目のラミナリアの処理とその後が痛すぎて

夜もなかなか眠れず…

朝になって

間もなく朝ごはんというとき、

7時25分くらいから、なんだか規則的な痛みがあると感じ始め

時間を気にしているとやっぱり5分おきに規則的に痛みがある

でも、初日に先生の説明で

前回帝王切開だから、子宮口が十分に開いてからでないと、子宮破裂とか危ないから、子宮口を十分に開く処置をしてから陣痛促進剤を使って赤ちゃんを出します。だから、ゆっくり子宮口を開く処置をするので3~4日はかかる

と言っていたから、

まさか2日目にして陣痛が来るとは思わなかったし

ましてや、子宮口が開いてないのに陣痛起きちゃって、子宮破裂するじゃん

そしたら子宮口開く処置以外にもっと痛い処置をしなきゃいけないの?

いろんなことを考え始め、陣痛的なことが起きていることを、看護師に伝えるべきかだいぶ悩んだ末、嘘ついてもしょうがないので、やっぱりさりげなく伝えることにした。

 

朝の診察で、お腹のエコーを見ると

先生がびっくりしたように

『あら、赤ちゃん下がってきてるね。』

そして、もう一度見て、看護師にも

『赤ちゃん、下がってきてる』

と2度も言っていた。

先生としても、かなり予想外の展開だったと思われた。

 

結局痛いラミナリア処理は、昨日の午後一回だけで済み、陣痛促進の膣錠剤を使うことになった

ラミナリアを取ったのでだいぶ痛みから解放され、

これからどんな陣痛がくるのか不安だったが、

病院のパジャマに着替え

分娩室の分娩台で陣痛に備えた

点滴をして、寝て待つ

時計がどこにあるのか探す

10時30分を見たとき、意外にもうそんなに時間がたったのかと感じた

11時過ぎに、看護師が

11時半くらいになったら、陣痛促進剤また追加しますね

と言われたが、結構痛みが強くなっていたので、それは避けたいと思った

陣痛も軽いときはまだ大丈夫で

本当に苦しかったのは10分位だったかなぁ

痛みが強くなって、この痛みがどのくらい続くのかと思っていたら、破水したのだろう

何かが一気にでて

ナースコールをしたら、慌ただしく5~6人の看護師と先生が集まり始め、上向きに寝かされ、まだ出すなと

 

我慢も何も、赤ちゃんスルッと出てきてくれました

その後は静脈麻酔され、目が覚めた時には、一人で病室にいて、とりあえず旦那に電話した

 

赤ちゃん、上手に出てきてくれてありがとう。

痛いの苦手なお母さんを気遣いかってくれたのかな?

あと半年、お母さんのお腹の中で育ててあげられなくてごめんね。

でも、赤ちゃんに会えてよかったよ。

お父さんにも抱っこしてもらえてよかったね。

赤ちゃんかわいいハンサムな顔してました。

小さいけど、足の指もも手の指もあって、

眉毛になりそうなところも分かって

眉毛はお父さんと娘と同じ眉毛

22センチ、320グラムの小さな我が子

元気に産んであげられなくてごめんね。

またお母さんのお腹に戻ってきてね。

お空からお父さんとお母さんをまた探してね。

赤ちゃん、家に来てくれて本当にありがとう。

会えて本当によかった。